水泳

水泳初心者必見!体が沈むことへの3つの対処法


水泳を始めたばかりや始めようとしている方の中で最初にぶつかる壁が、「沈む」ことへの恐怖心ではないでしょうか。
 
たしかに、何もしないでずっと浮いていられるほど人の体は軽くありませんが、コツさえつかめばある程度は浮いていられます。
 
今日は「沈む」ことへの対処法についてお話ししたいと思います!

 

水中では浮力を生かす!姿勢を整え効率的に浮く

水泳を始めて間もない人がぶち当たる「沈む」現象。一度沈みだした体は思うように浮いてこず、沈めば沈むほど焦りが生じ、体は力み、バランスが崩れてあっという間に足が着いてしまいます。
 
よく、体が浮くのはバタ足による推進力のおかげだと思っている方がいますが、実際バタ足を辞めても体は浮きます。
 
始めて間もない方は、足が沈みだすと慌てて、バタ足に力を入れ、あがけばあがく程、無駄に体力を奪われてしまいます。
 
「浮く」ということは、何も特別な技術が必要なわけではなく、人間は初めから浮くように出来ているのでコツさえ掴めば、その日のうちに解決するかもしれませんよ。
 
水泳
 
まず、水中で体を浮かせているのは「浮力」の力です。泳いでいるときに浮力が一番働く部分というのが、体の中でも厚みがあり表面積の多い、肩から股関節あたりの部分です。
 
要は、胸部から腹部にかけて大きなビート板だと思っていただければ分かりやすいかもしれませんね(^^)
 
また、胸部に位置する肺は空気を溜めている器官であり、浮き袋のような働きをしてくれます!
 
 
つまり、この浮き袋の付いた大きなビート板を重心にして、ビート板を水平に保ち、バランスを取るように泳いでいけば、おのずと体は沈まなくなります。
 
焦りは禁物。常に平常心を保って練習しましょう!

水中での背筋が大事!背中を丸めて体を浮かせる

水泳

 
次に重要なのが、水中での安定感を保つ背筋について。
 
普段の生活では「背筋を伸ばして胸を張れ」なんて言われたりしますが、水泳では体の力を抜いて、背中は軽く丸め、猫背のような少しだらしない姿勢を保ちます。
 
水中で背筋を伸ばしてしまうと、背中が反れて腰が沈んで重心がどんどん下がり、体が沈んでしまいます
また、腰に負担がかかりますので、腰痛の原因にもなってしまうことも。
 
体を丸めることにより、先ほどお話しした、最も浮力が集まる、胸部から腹部にかけて「浮く」ことが出来るようになります。
 
 

水中では視線が重要!目線を下げて頭を下げる

最後に注意していただきたいのは、目線についてです。
 
多くの方が、「前を泳いでいる人にぶつからないように」、「ゴールまでどのくらいだろう」なんて気持ちで、前を意識しているかと思いますが、これが「沈む」原因を生み出しているとは夢にも思わないでしょう。
 
事実、小中学校での水泳の授業では「ぶつからないように前を見て泳げ」と教えられた人もいるかもしれません。
 
水泳
 
 
ですが、この「前を見る」という他愛もない動作が沈む原因の一つになっているのも事実。
 
目線を前にやることにより頭が水中から出てきて、逆に足が沈んでしまうんです。あちらを立てればこちらが立たず…
 
泳いでいる最中は基本的にプールの底と水平になるように泳ぎますが、この前を見るという行為により、シーソーゲームのようにバランスが崩れて、足が水中に沈んでしまいます。
 
 
それでは水中での目線はどこを見ていればよいのでしょうか?
 
答えは簡単、プールと水平になるように「プールの底」に目線を落とすと自然と体が水泳に保たれます!
 
 
でも、それだと「壁にぶつかってしまう…」や「まっすぐ泳げているか不安…」など思われるかもしれませんが、大丈夫!
 
プールの底にはレーンごとい線が引いてありますので、その線に沿って泳げばまっすぐ進めます
 
ゴール付近になるとレーンのロープの色が変わったり、底のラインの色が変わったりしますので事前に確認しておくと安心ですよ!

ペコロスの編集後期

 
体が沈むのは足がつくのがわかっていても恐いものです。
 
一度、恐怖心がついてしまうと中々、次の一歩を踏み出すことが出来なくなってしまいます。
 
まずは「浮く」という感覚を養っていくことが水泳を長く続けていくことに繋がるかもしれませんね。
 
 
今日お話ししたことを踏まえてプールに赴き、まずは「死人ごっこ」から始めてみてはいかがですか?w
 
言葉は悪いですが、立派な練習になりますよー!
 
子どものときにやったことある方もいると思いますが、息を止めて死んだように浮かぶあれです。
 
「浮く」感覚を養うにもおすすめですよー!w
 
 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)