水泳を始める前に知りたい水着の選び方!~男性編~


おはこんばんにちは!どうもペコロスです!

いよいよプールデビューを目前にしている方に取って、まず心配になるのが「どんな水着を買えばいいのか」ではないでしょうか。かくいう私も同じ問題にぶち当たりました(^_^;)

水泳な必要な道具を揃えにスポーツショップを訪れると、思っていたよりも豊富な品ぞろえにビックリしました!長さもデザインも千差万別で、予備知識がないのでどれを選べばいいのかわからず、その場で調べることになったのです。元々、優柔不断という性格で変な水着を買って、履いて行き恥ずかしい思いをするのが嫌という子ども染みた理由からめっちゃ必至で調べました!

実際にプールで泳いでみて、目につくタイプをまとめてみましたので、参考にしてみてください!

スポンサーリンク

水着は大きく分けて5種類~男性編~

9237c44e7693aed16b44bcf6ea09bcc5_s

  • みんなの視線を一人占め「ブーメランタイプ」
  • 自信の象徴「ボックスタイプ」
  • 近年の主流となりつつある「スパッツタイプ」
  • 海で見かける「サーフタイプ」
  • 肌の露出は最小限「ラッシュガードタイプ」

みんなの視線を一人占め「ブーメランタイプ」

これはもう知らない人はいないであろうという、必ずプールに行くと必ず一人はいる絶滅危惧種w一般的に抵抗が少ないので泳ぎやすく理に叶っている水着で、一昔前には主流だったと言われている水着です。機能性は素晴らしいのですが、気になるのはやはりその見た目!「ビキニタイプ」とも言われるそれは小さい逆三角形の形状で、必要最低限の部分を隠すのみのとてもシンプルで潔いスタイル。肌の露出が多いため、ブーメランタイプの水着を履いている方は1割~2割の方ですね。

本格的に水泳をされているアスリートっぽい方とだいぶお年を召した方のどちらか、という印象です!

自信の象徴「ボックスタイプ」

次に「ボックスタイプ」。こちらはボクサーパンツを想像していただければ分かりやすいと思いますが、ボクサーパンツの水着バージョンです。「ブーメランタイプ」に次いで肌の露出が多い水着なので、個人的に「体が出来ている水泳の上手い人」が履いている水着だと勝手に思っていますwたぶん共感してくれる方は多いはず!

周りを見渡してみても10代~20代の比較的若い方が履いていて、プール全体の2割~3割を占めると思います。夜に行くとたまに、高校の水泳部と思われる方々がレーンを貸し切って泳いでいることがありますが、彼らはほとんどが「ボクサータイプ」。いやー若いってうらやましい(^^)/私にもそんな時代がありましたよ!w

近年の主流となりつつある「スパッツタイプ」

こちらはだいたいの方がご存知だと思いますが、以前オリンピックでも話題になった「スパッツタイプ」。プロの大会でも着用している方が多いため、一気にシェアを広げた水着です。膝上あたりまである水着で肌にピタッと密着しているので、抵抗も少なく泳ぎやすくデザインも良くも悪くも「無難」なため、多くの方に愛用されていますね!

スポーツショップでも売り場面積が一番広かったので、その人気を物語っています。プールに行くとだいたい老若男女(男のみw)このタイプの水着を履いています。割合的には4割~5割と言ったところでしょうか。

とりあえず、「こだわりがなく自分の体形にあまり自信がなく、当たり障りなく群衆に溶け込みたい」という方は、「スパッツタイプ」の購入してみていいかもしれませんね!かくいう私もこのスパッツタイプを購入しましたw

海で見かける「サーフタイプ」

「サーフタイプ」はいわゆる、海などのレジャー施設で見かけるハーフパンツの水着バージョンです!海でのシェアはNo.1だと思いますが、プール(室内)だと割合は2割~3割ぐらいですね!たぶん屋外プールだと一気に割合は増えると思いますが…。中高生や子ども連れのお父さんに着用している方が多く、友人と遊びに来た方が履いている印象です。たぶん定期的にプールに通うわけでもないので、海とプールを兼用で使用されているのだと思います。

「サーフタイプ」の水着は、肌に密着していないので水の抵抗モロに受けるので正直泳ぎにくいと思います。レジャーには良いかもしれませんが、ダイエットやガチで泳ぎたい!という方にはあまりおすすめできません。

肌の露出は最小限「ラッシュガードタイプ」

最期にご紹介するのは「ラッシュガードタイプ」。これはあまり聞きなれないので、イメージしずらいかもしれませんが、たまに見かける、下半身だけじゃなく上半身も長袖のようなものを着てる方がいると思いますが、あれです!他の水着に比べて露出が少ないので、「肌を露出するのはちょっと…」という方におすすめの水着です。「ラッシュガードタイプ」の水着は1割~2割で「ビキニタイプ」と同じくらい少ないですね。

余談ですが、「ラッシュガードタイプ」は「刺青を隠すため」にも着ている方がいるようです。だいたい、どこのプールも刺青を隠さないと入れてもらえないので、そういった意味合いで着用している人もいます。

ペコロスの編集後記

以上、水着選びの際に参考にしていただければ幸いです!私がまず水着を購入するときに思ったことは、「どの水着が一番多く利用されているのか」という点でした。正直、久々の水泳だったので技術や体形的にも自信がなかったので、目立たないように「みんなが履いている水着はどれか」という不純な動機で「スパッツタイプ」を選びましたw

まぁここまで説明しておいてあれですが、一つ言えることは「誰も他人の水着なんて見ていない」ということです!他人の目なんか気にしないでプールライフを楽しんでくださいね(*^_^*)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)