水泳

水泳のかきを短くすると疲れにくい?体が沈まない泳ぎ方のコツ


もうーいーくつ寝るとークリスマスー!

どこもかしこも世間はクリスマスムード一色ですね。クリスマスツリーにクリスマスケーキ…クリスマス商戦まっただ中です!

しかーも!今年はなんとカップルに嬉しい③連休ドンピシャでイブとクリスマスがやってくるという運命のいたずらw

今まで仕事を言い訳にしていたシングルにとって、これ程までに残酷なことはなかろーか!

かくいう私もその内の一人…今年のクリスマスは家から一歩も出ないことをここに誓います!w

スポンサーリンク

水泳はかきで安定感が増す!短いかきで沈まない方法

さてさて、前置きはこのくらいにして、本題に入りましょうかね。

今日は「沈む」ことへの対処法として、「かき」についてお話したいと思います!

基本的に腰の後ろまでかく「大きなかき」は、それはもう皆さんご存知の通り大きな推進力を生みます。スイミングスクールでもこの方法で水泳を習うことが多いのではないでしょうか。

私もスイミングスクールで通っていた頃に、このかき方を習っていたので、今でも自然とこの方法で泳いでいます。

ですが、水泳を始めたばかりの方にとって、腰まで深くかく方法は、体の重心が下半身に傾きやすいため、体のバランスが崩れやすく、足が沈んでしまう原因の一因をになってしまうのです。

水泳

ですが、水泳を始めたばかりの人や、これから水泳デビューする方に知っていて欲しいのが「短いかき」です!

泳ぎ慣れている人には問題ないかき方でも、始めたばかりの人には体の負担になり、体が沈む原因にもなっているかき方。

今回は「短いかき」について、見ていきましょう!

かき始めはいつ?水泳で押さえておきたい短いかきのタイミング

肝心なのがタイミング!(何事もねw)

水泳

短い「かき」をするにはまず、入水したら水をキャッチし、あまり力を入れないで自然と腕の重さで沈むような感覚で腕を下げます

肩の下あたりまで腕が下がってきたタイミングで、腕を斜め後ろに振りぬきます。

ジョギングをするときの手の可動範囲をイメージしていただくと分かりやすいかもしれないですね。

たったこれだけのことですが、「かき」が短くなることによって下半身への重心移動が軽減され、軸が安定しバランスが保たれますので、水の抵抗も最小限に抑えられ、少ない力でもちゃんと進むことが出来るのです。

体への負担も少ないので、長時間泳いでも疲れにくく、ダイエットにもおすすめの泳ぎ方ですよ(^^)

かき終わりが肝心!水泳のリカバリーも最小限に抑える

短く「かく」ことが出来たら次はフィニッシュムーブ(マイブーム単語)!

水泳

かいた手をまた元に戻す「リカバリー」です。

実は、一連の動作の中で、一番体のバランスが崩れやすいのがこのリカバリーの動作です(息継ぎも)。

水中で浮力の影響を受けている体(腕)が、水上に上がることで浮力からさようならして、重力さんこんにちは状態になるので体は重力さんと腕の力を、片腕の不安定な体制で支えなくてはいけなくなります。

 

ですので、「短いかき」が終わったら、次は「短いリカバリー」で滑らかに泳ぎましょう!

大きなかきに比べて、短いかきの場合腕の可動範囲が狭い分、リカバリーも自然とコンパクトになりますが、意識するのとしないのでは雲泥の差誇張)がありますので、頭の片隅に入れておいていただければ幸いですm(__)m

 

意識していただきたいのは、腕を上げたときの「肘の高さ」です。

肘を無理のない範囲でコンパクトに収めると、自然と手も高くならずに体の重心が下がるのを防いでくれます

ペコロスの編集後記

もうほんと今年のクリスマスは忌々しい…

 

じゃなくて、短いかきで体のバランスを整えることにより、沈みにくい姿勢を保つことが出来るというわけですね!

今回の泳ぎ方は、スピード重視や大会を目指している方には、あまり向いていない方法です。また、実際に試してみたけど「前の泳ぎ方の方がしっくりくる」なんて方もいると思いますので、ものは試しという気持ちで泳いでみて、自分に合った泳ぎ方を見つけてくださいね!

 

はぁ~今年のクリスマスは何食べようかな。もうクリスマスとか食べることしか楽しみがないですもんね。

取りあえずケーキとチキンはマストですよね!水泳ダイエット中ですが、この間「脱ポチャ」宣言したので、最近は割と気が緩んでいます。

かといって、暴飲暴食しているわけではなく、ちゃんと栄養バランスのいい食事を心懸けていますよ!

でもロンリークリスマスぐらいは暴飲暴食してみたいので、今からそれがちょっと楽しみです(^^)/

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)