プールレポ後半戦!


おはこんばんにちは!どうもペコロスです!

いよいよ「プールレポ後半戦突入」。週3で水泳に通うことになり実際、8年ぶりのプールデビューを果たしましたが、その実態は…

全然「泳げません」でした!w
いや、かろうじて泳げましたが、久しぶりの水泳とはいえ、ここまで体力が落ちているとは思いませんでした。

小学生の頃は25mなんて余裕で泳げたのに、今ではやっと泳げるぐらいです。。。
体が思ったよりも重く、どんどん体が沈んでいくので、必死に足や手を動かして前に進もうとするのですが、無駄な力が入ってしまいどんどん体力を奪われてしまいます(^_^;)
酸素が全然足りませんでした。

やっとのことで25mを泳いだ頃には軽く酸欠でしばらくウォーキングコースに移り、休憩がてらウォーキング。

まさかこれほどまで動きが鈍くなっているとは正直、普通に泳げると思っていたのでショックでした。これがブランクと言うものか、と肩を落としながら休憩。

ようやく体力が回復したので、次は平泳ぎで25mに挑戦!
クロールに比べればまだ楽ですが、それでも下半身は沈んでいくし、進みが遅いので息継ぎがだんだん苦しくなりました。半分ぐらい泳いだ頃には、力み過ぎなのか右膝の裏筋(?)辺りを痛めてしまい、体はすでにボロボロw
完全に自分の力量を見誤っていました。

この夏プールデビューを考えている方は、いきなり泳ぐのは避けしっかりと準備運動をして、ウォーキングコースから始め、25mからでなく「フリーコース」で少しずつ体を慣らしていくのをおすすめします!切に!

体を痛めてしまうとせっかくのモチベーションも下がってしまうので要注意です!

プールデビュー開始20分で早くも足を痛めてしまいましたが、せっかくきたので適度に休憩を挟みながらクロールと平泳ぎをひたすら泳ぎました。

途中10分休憩があり水面から上がる機会があったのですが、ここで事件は起こりましたw

プールから上がるためのちっちゃな梯子がどこのプールにもついていると思うのですが、それに足をかけ登っていると、膝裏に続き足の薬指がつってしまいヨチヨチ歩きのようにプールサイドを徘徊するという醜態をさらしてしまいました(^^;

普段使わない筋肉を使って体がびっくりしたのか、すでに満身創痍の中年w

まだまだ若いと自負していましたが、体は少しずつ鈍っていたようです。

10分休憩後も無理はせず泳ぎ続け、2時間はあっという間に過ぎました!
1時間に1回10分休憩があり、着替えやシャワータイムもあるので、実質水に潜っている時間は1時間30分ぐらいですかね。
いやー、中々考えさせられるプールデビューでした!何事も無理は禁物!焦らず自分のペースでシックスパックを目指すことにします!w

8年ぶりのプールデビューでわかったことは…

◆泳ぐ前に準備運動を徹底的にやるべし
いきなり25m泳ぐのではなくウォーキングから少しずつ体を慣らすべし
25m泳げそうもないときは無理せず足を着いてコースから出るべ(無理はケガの元)
◆変える時間を逆算して、出る20分前にはクールダウンをするべし(疲労回復効果あり)
◆あまり気にならないかもしれませんがプール後は「めっちゃ乾燥する」

になります!

水中から陸に上がった瞬間の重力は半端なく、足が鉛のように重くなりました。

翌朝の目覚めが悪く、寝たにも関わらず体の疲れを感じたので色々と調べてみると、クールダウンについて書かれていたので実践してみましたが、これをやるとやらないとでは雲泥の差があるので是非お試しください!

プール後は誰しも経験があるかと思いますが、めちゃくちゃお腹が空くのと、めちゃくちゃ眠くなります!w
これが水泳の凄まじい運動量を物語っていますね。

数年ぶりに22時前に寝てしまいました(^_^;)

翌朝、体は悲鳴を上げていましたが、これもシックスパックへの為と思えば苦にもなりませんでしたw
太ももやお尻、胸と二の腕など体の至るところが筋肉痛になりました!

散々なプールデビューでしたが、なんとなく要領を掴めてきたので、足の裏筋を早く治して、次はもっとペース配分に気を付けて行きたいと思います!

次回は体重の変化なども見ていきたいと思いますのでお楽しみに~
水泳のダイエット効果はいかに!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)