13の理由

【13の理由】物語はシーズン2へ!第12話&第13話のネタバレ感想(Netflix)


皆さんこんにちは!

Netflix限定「13の理由」のシーズン3がそろそろ配信されると思っているのですが、まだ発表が来ませんね…。噂では制作が遅れているとかいないとか。

13の理由以外にも夏休みに合わせて、話題作が次々と配信されるらしいので、これからもNetflixから目が離せません。

Netflix限定ドラマ「13の理由」前回までのあらすじ

ハンナの自殺から始まる「13の理由」。ハンナの残した「暴露テープ」を元に、自殺の原因になった「13人」にスポットが当たり話が進んでいきます(シーズン1)。

今までは1話(ジャスティン)、2話(ジェシカ)、3話(アレックス)、4話(タイラー)、5話(コートニー)、6話「マーカス」、7話「ザック」、8話「ライアン」、9話「ジャスティン(2度目)」、10話「シェリ」、11話「クレイ」と、ハンナへの仕打ちをテープで暴露されました。

Netflix限定ドラマ「13の理由」第12話の感想~レイプ魔ブライス~(ネタバレ注意)

「13の理由」12話では度々話題に上っていた運動部の主将で女たらし「ブライス」にスポットが当たります。

「過去の話」では、ハンナの家はお金に困っているらしく家賃の支払いもいっぱいいっぱい。進学も難しい状況です。

そんなとき、両親に振込みを頼まれたハンナはお金を無くしてしまい(信じられん凡ミス)、両親に失望されてしまいます。

何をやっても裏目に出てしまいネガティブループに陥ったハンナは精神的に参ってしまい、夜も眠れず、夜中一人で散歩することに…。

たまたまブライスの家で開催されていたパーティーに遭遇し、自暴自棄になったハンナは何を思ったか参加してしまいます。

そこにはまだ事実を知らないジェシカやジャスティンも。ジェシカに誘われて気晴らしにプールに入ることになったハンナ。

周りがどんどん帰っていき不安になるハンナの元にブライスが迫ります。逃げ出そうとしますがブライスに捕まってしまい、レイプされてしまいます。本当にブライスはレイプ魔で信じられん。

これを機にハンナは自殺を決意します。

13の理由

引用元:Netflix「13の理由」

「現在の話」では、ブライスにレイプされたことを自覚したジェシカは、事実を隠していたジャスティンを許すことができず、二人には決定的な亀裂が…。ジャスティンの家では母親の恋人に家を追い出され

ハンナの裁判がいよいよ迫ってきて、生徒や関係者に召喚状が届き、秘密を抱える面々は不安で一杯。

井戸端会議は相変わらずでアレックスが改心している感じ。ブライスがジェシカをレイプしたことが明らかになり、一同に動揺が。

コートニーは相変わらずハンナを嘘つき呼ばわりする卑怯者。ホントこのアジア人嫌い…w

ブライスをスケープゴートにして自分たちを守ろうとするか…真実を語り償うか…意見が分かれます。

シェリは井戸端会議から距離を置き、誠実に自分の罪を償おうと警察に出頭しようとします。

一方クレイは、ブライスの家に行き、ハンナをレイプしたことについて問い詰め一悶着。このときに、ぼこぼこにされながらもレコーダーで音声を録音していたクレイ(ナイス)。

所々で「銃」が出てくるシーンがあるのですが、こんなにも簡単に高校生が銃を手に入れられるとか信じられない世界ですね。日本じゃ考えられない。

物語の最後に17才が救急搬送されるシーンが…物語は最終章へ。

Netflix限定ドラマ「13の理由」第13話の感想~ポーター先生~(ネタバレ注意)

13話ではなんと生徒ではなくカウンセリングの先生「ポーター」にスポットが当たります。

「過去の話」では、自殺を決意したハンナはもう一度生きる努力をすることに。

テープに暴露話を録音していく中で、ハンナは誰かに止めて欲しくて両親の経営しているコンビニみたいなお店でプリントをもらう振りをして、カミソリを盗みます。ですが、ハンナの異変に気が付かない両親はそのサインを見逃してしまうのです。

追い詰められたハンナはわらにもすがる思いで「ポーター先生」に今までの気持ちを打ち明けます。

両親に迷惑をかけていること、友人と距離を置かれ孤独な状況、「なにもかも終わらせたい」など…

パーティーでレイプされたことも打ち明けるが、相手の名前を言えずにいると、「名前を言えないと協力できない」、デリケートな問題で相手が4年生だと分かると「あと2ヵ月で卒業だから」とか「諦めて前に進むときもある」など遠まわしに問題を沈下させようとします。

先生の提案に失望したハンナは部屋を出て、「止めて」と心の中で願いながら学校を去り、ついに「自殺」へと行動に移すのでした。

浴槽に水をはり、両親の店で調達したカミソリで両腕の手首から10cmほど切り、浴槽に浸り両親に発見されます。※すごく痛々しいシーンなのでご注意を。

13の理由

引用元:Netflix「13の理由」

「現在の話」では、ハンナの裁判に召喚されていく面々。

ザックもマーカス、コートニーとも当たりさわりのないことを証言し体裁を保ちます。

クレイはジェシカにブライスのしたことを暴露するように提案するが、まだ気持ちの整理を付けられないと断られる。クレイはジェシカの気持ちを尊重し、テープを燃やすか問いかけるがジェシカは燃やさないでと強く答える。

ジェシカに償いを求めるジャスティンは何でもするとジェシカに懇願するがジェシカの望みは「あなたと二度と会わないこと」と告げられる。

テープを聴いたクレイは「ポーター先生」に直接ハンナのことを聞きにいきます。

先生を責め立てるように語気を強め、別れ際にテープを渡しどうするか先生に委ねることに。

一方トニーは、恋人に促されてついに両親にテープ渡すことを決意。

また、タイラーは召喚に応じみんなが隠しているテープの存在を明かします。

12話で頭を銃で撃ちぬいたのは「アレックス」だということもわかり、シーズン1最終章で物語が一気に加速し、情報量もたくさん。

次回はいよいよシーズン2に突入です!

ペコロスの編集後記

ついに最後を迎えた「13の理由」シーズン1。

13話ではまさかのカウンセラーの先生が出てくるのはびっくりでした。

ハンナが腕をカミソリで切って自殺するシーンは本当にリアルで痛々しくて悲しいものでした。

自責の念に耐えきれなくて自殺を図った「アレックス」、真実を話そうとする者もいれば、自分を守ることしか考えてない者…

人間の本性が垣間見えるシーズン1でしたね!いよいよ次回はシーズン2。

裁判が進むにつれて明らかになっていく真実の裏側とは?

バイ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)