13の理由

【13の理由】シーズン2「1話&2話」のネタバレ感想(Netflix)


皆さんこんにちは!

シーズン1がハンナの自殺という衝撃のラストを迎え待ちに待ったシーズン2。

ハンナの死から少しずつ前に進もうとする生徒たちに、新たな真実が…

それぞれの選んだ道がどう交差するのか、ますます目が離せないですね!

Netflix限定ドラマ「13の理由」シーズン1のあらすじ

ハンナの自殺から始まる「13の理由」。ハンナの残した「暴露テープ」を元に、自殺の原因になった「13人」にスポットが当たり話が進んでいきます(シーズン1)。

今までは1話(ジャスティン)、2話(ジェシカ)、3話(アレックス)、4話(タイラー)、5話(コートニー)、6話「マーカス」、7話「ザック」、8話「ライアン」、9話「ジャスティン(2度目)」、10話「シェリ」、11話「クレイ」、12話「ブライス」、13話「ポーター先生」と、ハンナへの仕打ちをテープで暴露され、ハンナは自殺に至りました。

Netflix「13の理由シーズン2」第1話の感想~~(ネタバレ注意)

海外ドラマのシーズンが変わると大抵、何人かのキャストの雰囲気が変わりますよねw

そんなところも注目しながら観てみるのも海外ドラマの楽しみ方の一つですよね。

シーズン2も過去と現在の話が入り混じりながら話が進みますが、「シーズン1」では「ハンナ視点」でしたが「シーズン2」では「暴露メンバー視点?」で物語の真相に近づいていきます。

13の理由

引用元:Netflix「13の理由」

「過去の話」では、タイラーの証言から、タイラーとハンナの出会いまで遡ります。

シーズン1で話題に上った、ジャスティンとハンナの初デートで写真を撮られ、学校にばら撒かれるまでは良い友人関係だったが、その後はすれ違いで険悪に。

ハンナを忘れられないタイラーは、それ以来ハンナをことあるごとに付け狙うことに。

ハンナの新たな真実として、写真をばら撒かれた後にハンナは、あんなことがあったにもかかわらず誰かにセクシーな写真を送っていた。それを目撃したタイラーは裁判でそのことを弁護士に問い詰められ打ち明ける。

 

「現在の話」では、示談になるはずだった裁判がハンナの両親の反対によって解消。いよいよ泥沼の裁判が始まり「タイラー」が証言台に立ちます。

クレイはハンナのことを忘れるかのように、スカイと付き合い始めひと時の平穏を楽しんでいました。

裁判の最初の証言者はシーズン1でハンナに盗撮を暴露されたタイラー。彼は学校のいじめの現状を訴え、シーズン1では明かされなかった側面が明らかになります。

一方校内では、自殺未遂から復活したアレックスは半身マヒの状態で記憶障害もある状況で登校。ジェシカはブライスのレイプの件でしばらく休校していましたが、アレックスと一緒に復活。

ジャスティンは行く当てがなくなり、学校を去っていました。アレックスとジェシカが学校を休んでいる間に噂は捻じ曲げられ、ジェシカのレイプは合意の上という話で、ジェシカは尻軽呼ばわり。

そして、個人的に気になったのはシーズン1では良いやつとして描かれていたトニーですが、ここにきてちょっとした疑惑が浮上します。ハンナに「カリを返してね」と言われていたり、ポエマーのライアンに「真実を話すけど君に迷惑はかけない」みたいなことを言われていたり…あれトニー実は何か隠している?

また、クレイの元に「ハンナだけじゃない」と書かれたブライスと女の子が写った写真が送られる。レイプ被害者はジェシカだけではないようです。

裁判が始まり今まで知らなかったハンナの一面が明らかになり、動揺しまくりまた不安定になっていくクレイはついに、ハンナの幽霊とお話できるようになりますww一気にリアリティが…。物語は2話へ

Netflix限定「13の理由シーズン2」第2話の感想(ネタバレ注意)

2話での裁判では「コートニー」が証言台に立ちます。

クレイはハンナの幽霊と一致団結してハンナが現世に留まっている理由を探るために動き出すというなんとも、非現実的なことを始めます。

「現在の話」では、同性愛を隠しているコートニーが証言台に立ち、始めこそ真実を隠そうと当たり障りのないことを答えますが、女弁護士のきつい尋問にハンナとのキスの真相を打ち明けます。

13の理由

引用元:Netflix「13の理由」

コートニーは本当にハンナが好きで、そのことをタイラーに写真を撮られたあの夜打ち明けていたのです。ハンナは戸惑いながらも私に優しくキスをしてくれたと涙ながらに語りました。

また、タイラーは証言の腹いせに部室を誰かに荒らされカメラを壊される。裁判が進むにつれてタイラーとアレックスは距離を縮め仲良しに。アレックスは自殺未遂後にテープの記憶を無くし誰も教えてくれないことにイライラ…情緒不安定に。

一方、ジェシカはロッカールームに「余計なことを話すな」という脅しの手紙を入れられました。テープを聴いたポーター先生は何かとジェシカを気に掛けるが、ハンナを気に掛けなかった先生にジェシカはうんざりしている様子。

クレイはと言うと、スカイと順調に交際を続けているが、ことあるごとにハンナが頭に浮かぶ上の空。そんなことを感じながらもスカイはクレイを信じて一緒にいるが、ふとしたことでケンカになりハンナが忘れられないクレイに嫌気が差して自殺未遂を…。

ペコロスの編集後記

裁判が進むにつれてシーズン1では明かされなかった真実がどんどん明らかになり、違う角度からハンナの自殺について考えさせられます。

未だにクレイはハンナを忘れられずスカイを傷つけてばかりで、なんとも。スカイはタトゥーにピアスまみれで見た目はすごいけど、素直でいい子。精神的に不安定だけど。

問題を抱える人間ばかりが集まった「13の秘密」!続きはまた次の機会で

 

バイ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)