ストレンジャーシングス

【ストレンジャーシングス/シーズン3最終話】7話&8話の感想ネタバレ(Netflix)


皆さんこんばんは!

「ストレンジャーシングス」シーズン3もいよいよ最終話まで観てしまいました。

7月4日に配信されたばかりでしたが、全8話なのであっという間に終わってしまいます。

ネタバレ含みますので、皆さんも心してご覧ください。

 

Netflix「ストレンジャーシングス」前回(シーズン2)までのあらすじ

ウィルの失踪を境に「平行世界」の存在が明らかになった田舎町。大人と子どもたちが力を合わせて「裏側」の世界からウィルを助け出し、超能力を使う少女の力を借りて怪物を倒して、町に平和が訪れる…はずだった(シーズン1)。

ウィルは回復したものの度々、「裏側の世界」に引っ張られ、化物の姿も。研究所の亀裂は未だ健在…。

勢力を増した「裏側」の怪物たちと全面戦争の末、犠牲もありましたが見事、研究所の亀裂を閉じることに成功。

再び町に平和が戻ってきました(シーズン2)。

シーズン3では、ソ連が密かにゲートを開いていて怪物が再びホーキンスの町に。ビリーが怪物に捕まり奴らの手先になってしまい、町に災いをもたらそうとしますが、それに気づいた子どもたちは、町の皆で力を合わせて怪物やソ連軍に立ち向かいます。

Netflix「ストレンジャーシングス/シーズン3」第7話の感想(ネタバレ注意)

マインドフレイヤーからのメッセージを受け取ったエルは、怪物たちが何かを企んでいることを感じます。

怪物は複数から一つに…巨大なクモのような姿に変わり、エルやマイクたちを襲いにきます。ナンシーやジョナサンの協力もあり、エルの能力で一時的に怪物を退けますが、エルは足に深い傷を負ってしまいます。

エルの治療中にダスティンから「コードレッド」との連絡が…。エルの力でダスティン達を助けに向かいます。

 

相変わらずソ連の秘密基地から脱出できずにいるダスティンたちは、捕まったスティーブとロビンを救出。ソ連軍に追われながらも地上に戻ってくることが出来ました。

スティーブとロビンは自白剤の影響で、酔っぱらったようにはしゃぎダスティンとエリカを困らせる。

酔いから覚めた二人はお互いのことを話し出します。スティーブは勢いでロビンに告白しますが、ロビンは女性が好きな同性愛者だと打ち明け、二人はより距離を縮めます。

地上に出られたもののモールはソ連軍が包囲網を張っていて出られず、ソ連軍に見つかり大ピンチ…のときにエルたちが合流。

ソ連軍をふき飛ばしますが、エルの足の傷口から怪物が侵入。絶体絶命の大ピンチです。

ストレンジャーシングス

引用:ストレンジャーシングス公式(Netflix)

ジョイスとホッパーは拉致したソ連軍の研究員から機械の居場所を聞き出し、子どもたちに危険が迫っていることを知ります。

子どもたちを探し、パーティーが行なわれている遊園地に行きますが、途中ソ連軍の殺し屋に襲われ研究員が撃たれてしまいます。

居場所がバレテしまい遊園地内で追いかけっこが始まります。殺し屋の無線機を奪い、町の変人に訳してもらうとダスティン達が危険にさらされていることを知ります。

Netflix「ストレンジャーシングス/シーズン3」第8話の感想(ネタバレ注意)

エルの足に侵入した怪物をなんとか取り出すことに成功しましたが、エルは満身創痍。

そんなとき、ジョイスとホッパー、変人(マレー)が合流。主要キャストがようやく全員集合しました!

今までの経緯を整理し、作戦を立てようやく怪物退治が本格化していきます。それぞれ手分けしてゲートを閉じて怪物を倒すために動き出します。

ジョイスホッパー変人は機械の破壊に。スティーブやダスティン達は基地内を無線で誘導するために電波の良い高台へ。

ナンシーやジョナサン、子どもたちはビリーに見つかり身動きが取れずモール内で立ち往生。脱出手段を考えていると天井から怪物が…。

エルは能力の使い過ぎなのか、超能力が使えなくなり絶対絶命の大ピンチ。

無線でピンチを察したスティーブは、皆を助けにモールへと急ぐ。ロビンも後に続きます。

ホッパーたちは軍人に変装して基地内に侵入しますが、ジョイスとは口論ばかりでギクシャク。

ダスティンの指示で換気口から侵入した変人は、ゲートを開こうとする機械の電源をいじり、けたたましいサイレンが。

研究所の最深部まで到達し、機械を止めようとした瞬間。ロシアの殺し屋が襲ってきて絶対絶命。殺し屋とホッパーの殴り合いが始まります。

ストレンジャーシングス

引用:ストレンジャーシングス公式(Netflix)

一方、怪物の隙をついてモールから逃げ出したナンシーや子どもたち。そこに操られているビリーが車で突撃してきます。

間一髪のところでスティーブとロビンが間に合い、車同士ぶつけなんとか助かります。

別行動をとったマイクとエル、マックスは、ビリーに見つかり再度モールに逃げ込みます。ですが、ビリーに追いつかれてしまいマックスもマイクも殴られ気を失ってしまいます。

エルは連れ去られ怪物に取り込まれそうになりますが、今度はマーカスやウィルたちが花火で応戦。

ビリーに捕まったエルは、ビリーの過去の断片を必死に伝え怪物に囚われたビリーの深層に語りかけます。

一時的に自分を取り戻したビリーはエルの身を守ろうと怪物に立ち向かい返り討ちにあってしまいます。

 

激闘の末、殺し屋に勝利したホッパー。時すでに遅し、ゲートを閉じる機械の爆発に巻き込まれてしまいます。

ゲートを閉じることに成功したジョイスですが、ホッパーを失い、研究所から逃げ出そうとしたときアメリカ軍が駆けつけました。

ゲートが閉じられて怪物も消えましたが、ビリーは間に合わず死んでしまいます。事件は終幕。

 

事件はメディアに取り上げられ、悪魔の町と揶揄されることも。

事件後、ウィルとジョナサン、ジョイス、エルはホーキンスから引っ越すことになり、みんなとはお別れすることになりました。

エルは事件後、超能力が戻らずこれからは普通の女の子として生活が出来ればいいな~なんて思ったり。また、平和な日常が続くのでした。

ストレンジャーシングス(シーズン3)おしまい!!

ペコロスの編集後記

いやーあっという間のシーズン3でしたね。他の海外ドラマに比べてシーズンが8話で終わるので、すぐ見終えてしまいました。

 

ビリーが最後の最期で自分を取り戻し、死んでしまいましたが子どもたちを守る男らしいところが見られて、なんだかヒールな役回りだったけど救われた感じがしましたね。

そして、ストレンジャーシングスの影の立役者ホッパー。最初はただの脇役の一人くらいしか印象にありませんでしたが、回を重ねるごとに人間味のある人柄と、子どもたちを必死に守る不器用な姿に胸打たれて大好きなキャラの一人に。

ホッパーが死んじゃってステレンジャーシングスも終わるんだなぁっと勝手に悲しくなってしまいました。

 

最後に、ソ連軍が怪しい基地で「裏側」の怪物を飼っているシーンがありましたけど、このシリーズはもう続かないくらい、まとまった終わり方をしたと思うのでシーズン4はないような気がします。

それでは、「ストレンジャーシングス」に感謝を込めて。わくわくする作品をありがとうございました(*^_^*)

バイ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)